作業の前に

フロアコーティングをする前に

フロアコーティングとは、床の美しさや清潔さを維持するために、床をコーティングする施工作業で、特に新築時などに利用されています。それでは、実際にフロアコーティングをする際の注意点を見てみたいと思います。まずは、フロアコーティングをする直前にしっかりと床のチェックをすることが望ましいです。気になる傷や穴はないか、床に浮きはないか、などです。もしこのような気になる点を残したままフロアコーティングをしてしまうと、後になって修繕したいと思ってもうまくいかない場合があります。フロアコーティングをしてしまっているので、たとえ直すことができても、まわりと仕上がりの色が違ってしまったり、変に違和感が残ったりしてしまうのです。事前チェックが大切になるのです。

さまざまな種類があります

フロアコーティングをする際の事前チェックが大切ということがわかりましたが、それでは、フロアコーティングについて詳しく見ていきたいと思います。フロアコーティングにも様々な種類があります。自分のライフスタイル、予算によってもかわってきますが、一般的には、賃貸などの中期的に保護をしたいという場合には、アクリルやウレタンなどを主成分とした樹脂タイプが多くみられます。分譲住宅やペットを室内で飼っている場合などは、シリコンやセラミックなどを主成分としたハードタイプが長期的に保護することができます。市販のものもホームセンターなどで販売されていますが、保護年数は長くても1年ほどなので、予算面でも手間の面でも、業者のフロアコーティングの方がかからない場合が多いようです。

ツヤが出る

床を清潔にしツヤを出すとして、フロアコーティングが行なわれています。床にツヤがあるだけで綺麗に見え、また長期間保つことができるため、定期的に行なうことでいつまでも綺麗な床にすることができます。

詳しく読む

短時間の改善

建物の中でトラブルが多発するのが、トイレです。特に水漏れが多く、トイレ水漏れ修理業者に依頼し修理が行なわれています。業者に依頼することで短時間で確実にトラブルを解消することができます。

詳しく読む

ソファーの張り替えとは

引っ越しする際についでにソファーの張り替えを行なう方がいますが、最近この利用者に変化があります。予め住宅のデザインを考慮した張替えを行なう方が増えていて、雰囲気を考えたソファーの需要が高いです。

詳しく読む

水道業者に依頼

キッチンやトイレ、お風呂場、洗面台などの水回りはトラブルが多い箇所です。水回り修理の場合は自身で行なわず、業者に依頼することで二次被害を防ぐことができます。水道業者が水回り修理を行なうと低費用に抑えることができます。

詳しく読む